「高藤」さんの読み方

 やはり外務省も長音を全く理解してゐないやうです。

末尾が「オオ」音で、ヨミカタが「オ」の場合(「OO」と表記します。)
例:妹尾(セノオ)SENOO、高藤(タカトオ)TAKATOO、横尾(ヨコオ)YOKOO
末尾が「オウ」音で、ヨミカタが「ウ」の場合(「OU」とは表記しません。)
例:伊藤(イトウ)ITO、高藤(タカトウ)TAKATO、御園生(ミソノウ)MISONO

 高藤(タカトオ)、高藤(タカトウ)ってありますが、前者は高遠(タカトオ)の誤植では?たとへ、誤植を直したとしても、両者は同じ「タカトー」なので、パスポートでは「TAKATO」になるのでは?「遠」が末尾に来たときだけ「トー」から「ト・オ」に変はるなんて学説を聞いたことはありません。結局、ローマ字を複雑にしてゐるのは、誰にも定義できない長音を、あたかも共通認識のやうに定義してゐるからでは?
 「純一」を「JUNICHI」とするのはまだ許せるわけですよ。日本語として、「N'I」と「NI」の違ひは文脈で判断できます。ところが、「オーノ」と「オノ」の人名なんて、同じ文脈で出てくるわけで、これを区別する方法がなければ、欠陥文字なわけです。
 訓令式ヘボン式の違ひなんて枝葉末節で、ローマ字問題の本質は、長音を英字26文字の範囲内で扱ふ共通規則を誰も作らうとしないことなんです。ISO 3602*1 で、長音の定義を厳密に決めたといってゐますが、そもそも、その長音の共通認識が、ローマ字以前に仮名文字にもないわけですよ。厳密にいふと正仮名遣ひを整理して、現代仮名遣ひを決めた時点では、共通認識が多少持てたのですが、現代仮名遣ひが定着してしまふと、「王」を「オー」と読まうが「オ・ウ」と読まうが通じてしまふので、「オウ」が長音である認識が薄れてゐるわけです。正仮名遣ひだと「ワウ」なので、「ワ・ウ」ぢゃ通じないから、長音「オー」といふ共通認識ができたわけです。
 そこまで教育して、しかも「Ô」がパソコンで簡単に入力できて初めて ISO 3602 が使へるわけです。一般人が簡単に運用できない規格を作ってゐながら、一般人が間違った使ひ方をすると、あなたのローマ字は間違ってゐますでは、誰も使ひたくなくなります。
 そもそも仮名文字を一文字づつ翻字すれば解決した問題*2なのに、なぜ、ローマ字に長音の概念を持ち込んだでせうね。

「日本式」の読み方

 「日本」は「ニッポン」と読まうが「ニホン」と読まうがどちらでもいいのだが、中にはその道で権威のある方が読んだことで読み方が確定する場合がある。「日本式ローマ字」はどうやら、田中舘先生が、「ニッポンシキ」と読んだので、「ニッポンシキローマジ」と読むらしい。
 参考までに、日本国憲法も昭和の天皇陛下が「ニッポンコク」と読んだので、「ニッポンコクケンポウ」と読むのが優勢らしい。

「その他」の読み方

 知恵袋等で「その他」の読み方についてときどき話題になってゐますが、これには確実な正答があります。

  • 解答
    • 私文書ではそもそもどう読んでもよい。
    • 1948年2月16日から2010年11月30日の前日までに書かれた公文書では「そのた」と読む。
    • 日本国憲法では「そのた」と読む。
    • 2010年11月30日以後に書かれた公文書では、読み方の指示がない限り「そのた」「そのほか」どちらでもよい。

 なぜ、このブログで話題にしたかといふと、ローマ字書写*1で、日本国憲法第一章七条に初めて「その他」といふ表現が出てきて、ローマ字にするには読み方を確定する必要があったからです。
 まづ、「他」といふ漢字ですが、2010年の改定常用漢字表までは、「ほか」といふ読み方はありません。したがって、2010年以前に発行された公文書で「そのほか」と読むのは間違ひで、必ず「そのた」と読みます。
 一方、日本国憲法当用漢字表制定前に公布されたものです。当用漢字表は漢字の字種とその読み方を使用頻度の観点から厳選しましたが、例外もあり、その一つに、日本国憲法に含まれるのものは、どんなに使用頻度が低いものでも含めるといふ決まりがありました。したがって、「他」の読みに「ほか」が含まれなかったといふことは、日本国憲法では「そのた」と読んでゐたことが確定します。
 調べれば確実な正答があるのに、こと言語に限っては、曖昧な回答でお茶を濁しがちです。

ローマ字書写

 ローマ字ブログですが、正仮名ブログでさへ放置状態なのに、検索エンジンで拾へないブログにオリジナルの文章を書くことは、さらに困難です。発想の転換を行って、ローマ字で書写を行ふことにしました。最初は青空文庫*1のやうに著作権の切れた文章を書写しようと思ったのですが、青空文庫著作権の欄*2を見ると、仮名遣ひの変更にも神経質な記述があるので、ローマ字書写だとクレームがくる可能性があります。著作権上問題はなくても、万が一クレームがきた場合、はてなブログの事務局に釈明するのも面倒なので、最初から著作権の問題がない文章として法律を選びます。6月17日から法律のローマ字書写を始める予約投稿をしています。

珊瑚礁の島

 温暖化はともかく珊瑚礁の形成過程はまだまだ分からないことが多くあります。分かってゐることは、珊瑚といふ微小生物が膨大な陸地を形成してゐること、そして、その陸地の主成分が炭酸カルシウムであり、二酸化炭素が豊富な方が成長しやすいことです。温暖化で海面は上昇しますが、二酸化炭素が増えると珊瑚礁の成長も早まります。もちろん、成長速度よりも海面上昇が早ければ、結果的に、珊瑚礁は水没してしまひますが、自然界はそんなに単純ではありません。
 過去において地球は人的活動以上に二酸化炭素の濃度が増減する時代がありました。単純に人的活動が二酸化炭素を増やし、温室効果で温暖化するといふものではありません。確実に言へるのは、二酸化炭素の濃度が高い時代の方が、生物に多様性があったといふことです。

琉球語が広まった地域

 言語の系統樹なのですが、琉球語の場合、日本語と確実な同系関係があること、使用範囲が琉球諸島に限定されてゐるのが特徴です。日本語と同系にあることから、日本語と琉球語の地理的境界線は連続してゐるのですが、台湾先住民諸語とは全く関係がなく境界線で断絶してゐます。
 琉球諸島全域に広がってゐることから、琉球民族は優れた航海術を持ってゐるのは確実で、当然、台湾にも渡航してゐたはずですが、定住することはなかったやうです。小島であれば、島全部を同族で固めることができますし、猛獣の危険もない、疫病も管理可能ですが、台湾のやうな大島になると、猛獣は住んでゐますし、正体不明の疫病も定期的にはやります。そして、何よりも言葉の通じない先住民と住み分けを行ふのですから、定住にはそれなりの苦労と軍事力が必要だったはずです。それは海洋交易を行ふ琉球民族としては、苦労してまで台湾に住むには費用対効果がなかったのでせうね。

AIが実用化されるのは人間が馬鹿になったから?

 コインチェックなどといふ仮想通貨取扱所が話題になってゐます。何やらコールドウォレットにあるものがホットウォレットにあったので盗まれてしまったとか、いや、それ以前にコールドウォレットにあれば安全といふこと自体が何やら私の理解を超えてゐます。
 いや、私はIT音痴ではなくIT業界の人間でして、このブログの開始時期が2004年で、その2004年の時点で、私はIT業界の中堅技術者をやってゐたわけです。で、私はインターネットが一般化してゐない前世紀に部門名にAIといふ文字が入った部署でIT技術者としてキャリアを始めました。もちろん、その部署は当に解散して、その会社自体も吸収合併でどっかにいきました。それ以来AIといふ用語は幻滅の連続です。今話題のAIは何代目といふ印象です。
 ふと、このコインチェックの問題は、ITにまつはる技術的過信が、利用者にもサービス提供者にあり、こんなに簡単にだませる時代が到来したのだと感じました。もしかして、今度のAIは受け入れられるかもしれません。でも、それはAIが進歩したのではなく、人間が馬鹿になったといふ理由からでせう。