特集「99式ローマ字」: 定義の再記述

(2018/08/18)

 99式ローマ字*1は、ローマ字を大きく変革しようとしたものでなく、訓令定義から字上符を回避して、パソコン時代のローマ字情報交換を容易にして、ローマ字を普及させるための方式です。
 ところが、あまりにも細かく原理原則を例示しすぎたために、枝葉末節の部分で批判を受けて、不当な評価を受けてゐるやうな気がします。次の要点を押さへて、定義を再記述します。

  • 読者が知りたいのは、既存方式との差分です。したがって、訓令定義との比較から始めるべきです。
  • 表は視覚的に最も注目され、最も批判を受けやすい部分なので、無駄な情報は入れるべきではありません。特に、付録の表は、方式が複雑であるといふ印象を与へ、逆効果でした。一般読者が興味を持つのは、文科省の「外来語の表記」で提示された特殊音であり、それ以外の特殊音をわざわざ表で紹介する必要はありません。箇条書きでつづりの生成規則を紹介していれば、使ひたい人はその規則を熟読して使ふでせうし、そもそも「イィ」とか「スァ」とか実際に使はれるとは思へません。
  • 特殊音に架空の「ヅァ」行を持ち出して、表音式なら「zw」、翻字式なら「dz」などといふ記述は混乱に拍車を掛けます。そもそも「ヅァ」の存在自体が疑問ですし、存在しても読み方が確定しません。であれば、表音式は不要で、あへて定義するなら翻字式だけで十分です。
  • 翻字を前面に出したために、助詞の表記に統一性がないとの批判を受けてしまひました。99式の最大の目的が、パソコンで簡単に入力できない「ô」のやうな字上符の回避なので、その回避のために翻字を利用してゐるといふべきです。99式は完全翻字式ローマ字を目指したものではありません。

99式ローマ字の定義

 99式は訓令定義に基づき、パソコンでは入力が容易でない字上符を使用せずに、ローマ字で情報交換を行ふために設計された方式である。なほ、本稿は、片仮名で例示するが、平仮名にも同様の規則を適用する。

訓令第1表との関係

 訓令定義*2の第1表に含まれるつづりはそのまま使用する。括弧内は重出を示す。

ア列 イ列 ウ列 エ列 オ列
ア行 a i u e o
カ行 ka ki ku ke ko kya kyu kyo
サ行 sa si su se so sya syu syo
タ行 ta ti tu te to tya tyu tyo
ナ行 na ni nu ne no nya nyu nyo
ハ行 ha hi hu he ho hya hyu hyo
マ行 ma mi mu me mo mya myu myo
ヤ行 ya yu yo
ラ行 ra ri ru re ro rya ryu ryo
ワ行 wa (i) (e) (o)
ガ行 ga gi gu ge go gya gyu gyo
ザ行 za zi zu ze zo zya zyu zyo
ダ行 da (zi) (zu) de do (zya) (zyu) (zyo)
バ行 ba bi bu be bo bya byu byo
パ行 pa pi pu pe po pya pyu pyo

特殊音の定義

  • 前提として、既に訓令第1表に定義が存在してゐるつづりは、そちらを優先する。
    • 例「ya」は「イャ」でなく「ヤ」
  • 「イヴキギシジチヂテデニヒビピフミリ」に「ャィュェョ」が後続するときは、「y vy ky gy sy zy ty dy tj dj ny hy by py fy my ry」と「a i u e o」を組み合はせる。
    • ただし、「vyi, vye, fyi, fye」の組み合はせは定義から除外する。
  • 「ウヴクグスズツヅトドヌフブプホムル」に「ァィゥェォ」が後続するときは、「w v kw gw sw zw ts dz tw dw nw f bw pw hw mw rw」と「a i u e o」を組み合はせる。
    • ただし、「vu」は、「ヴゥ」でななく「ヴ」を示す。

 上記の規則から外来語の表記*3で提示されてゐる43個の特殊音は次のやうにつづる。

wi we wo ye
vu va vi ve vo vyu vyo
kwa kwi kwe kwo kye
gwa gwi gwe gwo
swi sye
zwi zye
tsa tsi tse tso tye
tji tju twu
dji dju dwu
nye
fa fi fe fo fyu fyo hye

撥音、促音、長音

  • 撥音には「n」を使用する。例「アン」→「an」、「アンマ」→「anma」
    • 「a,i,u,e,o,y,w」の前では「n'」を使用する。例「アンイ」→「an'i」
  • 促音は直後の英字を重ねる。例「アッタ」→「atta」
  • 長音には「â î û ê ô」のやうな字上符「^」は使用しない。
    • 仮名遣ひどほりに翻字する。例「オウ」→「ou」、「オオ」→「oo」
    • 長音符「ー」は直前の英字を重ねる。例「オー」→「oo」

翻字用の定義

ヂャ ヂュ ヂョ
di du dya dyu dyo
wi we wo
  • 「wi we wo」を「ヰヱヲ」と解釈するか「ウィウェウォ」と解釈するかは文脈に依存する。
  • 助詞「は」「へ」「を」は、通常「wa e o」とつづるが、厳密翻字では「ha he wo」とつづる。

訓令式ローマ字、訓令定義、訓令第1表、訓令第2表

(2018/09/22)

 いはゆる訓令式ローマ字とは、1937年に告示されたローマ字表*1であり、1954年に告示されたローマ字の第1表*2のことを指します。ところが、現在、訓令として有効なのは1954年版であり、1937年版は廃止されてゐます。だから、1937年版だけを訓令式ローマ字と言ひ張り、1954年版の第2表は訓令式ローマ字ではないといふのは用語として非常に誤解を招きます。
 例へば、常用漢字表には1981年版と2010年版があります。訓令として効力があるのは2010年版です。それを1981年版こそ常用漢字であり、2010年版に追加されたものは常用漢字外であると言ったら、奇妙に感じるでせう。その奇妙な言ひ回しがローマ字の世界では行はれてゐます。
 ローマ字に関心のない層にとっては、訓令式は「si ti tu hu zi」でヘボン式は「shi chi tsu fu ji」といふ区別を示すための用語でいいのですが、ローマ字に関心を持つ人が、1954年の訓令を読めば読むほど、訓令式ローマ字といふ用語を無条件に使ふのは躊躇するはずです。逆に、ローマ字に詳しいのに、無条件に訓令式ローマ字を連呼する人は、内心で1954年の訓令を否定してをり、第2表は訓令外であるかのやうに誘導してゐる印象を受けます。
 ただ、「訓令式ローマ字」といふ用語は動かしがたいので、これは塩漬けにして、今後は、次のやうに使ひ分けやうと思ってゐます。

  • 訓令定義: 1954年の訓令で定義されたもの全般
  • 訓令第1表: 1954年の訓令定義で第1表
  • 訓令第2表: 1954年の訓令定義で第2表
  • 訓令式ローマ字: 1937年の訓令定義、1954年の訓令第1表

Arigatou 安室奈美恵

(2018/09/22)

 先日9月16日に引退した安室奈美恵さんですが、「arigatou」といふ歌を歌ってゐいたんですね。引退時に初めて気づきました。
 さて、「arigatou」のつづりを見て、ローマ字界隈の人は、99式*1を思ひつくでせうが、さすがに、作詞家は99式を意識したわけでなく、単純にワープロ式もしくは翻字式でつづっただけだと思ひます。
 ところで、一昔前に「YOKOSO JAPAN」のキャンペーンがあったと思ひます。この「YOKOSO」はパスポート式です。「ヨ コ ソ」「ヨ コー ソ」「ヨ コ ソー」では文脈上不自然なので、「ヨー コ ソ」と読むのでせう。このことからも、本来表音文字であるローマ字なのに、読むのに逐一文脈依存の無駄な推理が必要になる時点でパスポート式は欠陥だらけといふ結論です。
 一方、「arigatou」ですが、訓令式では「arigatô」とつづりますが、作詞家としては、大切な曲名が字上符が使へない環境で「arigato」と転記されるのを本能的に嫌ったのでせう。それに「arigatou」は「ア リ ガ ト ウ」と読まれるためにつけた曲名で、「ア リ ガ ト」や「ア リ ガ トー」と読まれては駄目なのです。「ア リ ガ ト」はカジュアルな表現ですし、「ア リ ガ トー」は事務的な印象を受けます。「ア リ ガ ト ウ」と一文字づつ丁寧に発音してこそ伝はる感謝の気持ちを意味してゐるのでせう。
 仮名文字もローマ字も表音文字であることは同じです。仮名文字であれば区別できる微妙な発音差による表現を否定してまで、訓令式にある長音表記の原理原則に拘る必要があるのでせうか?後発規格が先発規格よりも表現力に劣ってゐては存在価値がありません。ワープロ式や翻字式から出発すれば、少なくとも仮名文字と同等の表現ができるはずで、その上で、工夫発展させていく方が前向きだと思ひます。

月刊ローマ字ブログ 2018/09/01-2018/09/30

ローマ字と付属語「を」

(2018/08/18)

 本家ローマ字ブログでは、付属語「を」のつづり*1として訓令第2表の「wo」を採用してゐます。
 実のところ、付属語「は」「へ」「を」と仮名文字「ぢ」「づ」を全て翻字したい気もしますが、「ぢ」「づ」については、前回書いたやうに、訓令第1表に「ぢ」「づ」を専用に表記できるつづりが存在せず、訓令第2表の「di」「du」は日本式系列なので、ヘボン式系列のつづりに混ぜるのも違和感があります。また、「dji」「dzu」のやうに訓令定義に含まれないつづりを採用すると、警戒感を与へるので、翻字そのものをあきらめました。
 「は」「へ」の場合、仮名文字自体は「ハ」「ヘ」と発音され、付属語は「ワ」「エ」と発音されます。ところが、「ハ」と「ワ」、「ヘ」と「エ」は大和言葉の識別に使はれます。あへて、翻字といふ原理原則に走って、違和感を与へることは割りに合ひません。
 唯一、「を」だけは、訓令第2表に「wo」といふつづりが存在し、しかも、「ウォ」と「オ」に大和言葉の識別をする機能はありません。「ソラオトブ」と言はうが「ソラウォトブ」と言はうが、「空を飛ぶ」といふ意味に変はりはありません。
 結局、翻字といふ原則を貫けなかったものを除いて、残ったのが付属語「を」を「wo」とつづる規則です。また、個人的な印象だと、「o」が単独のつづりで出てくると、数字の「0」や記号の「○」と紛らはしく、「wo」の方が文章の中でも据わりがいいやうです。

ローマ字で四つ仮名を書き分けるべきか

(2018/08/12)

 日本式では、四つ仮名を「zi,zu,di,du」で使ひ分けられます。念のため、日本式ローマ字といふ訓令があるわけでなく、訓令定義の部分集合として、日本式を導き出すことができます。これはヘボン式も同様で、訓令定義の部分集合として導き出せます。

 ヘボン式ベースにすると、「di, du」を「ぢ、づ」に使ふには違和感があります。通常、「di, du」は外来音の「ディ、ドゥ」に使用するつづりだからです。かといって「dji, dzu」のやうなつづりを導入することは訓令定義外のつづりを導入することになります。
 と前置きが長くなりましたが、根本的に、四つ仮名は、現代仮名遣ひ自体がこれを正確に定義できてゐないので、それをわざわざローマ字でトレースする必要もないでせう。だから、「ji, zu」で統一します。もともと、四つ仮名は濁点により清濁の対立が「ち」「ぢ」「つ」「づ」のやうに視覚的に明確だから現代仮名遣ひでも残されたもので、一方、「t」と「d」では清濁の対立が視覚的に明確にならず、ローマ字で残しても仕方ないでせう。
 これは、四つ仮名を否定してゐるのでなく、四つ仮名を完全に区別するのなら、正仮名遣ひまでさかのぼらないと意味がないといふことです。現代仮名遣ひベースの四つ仮名では中途半端です。

ローマ字と棒引き仮名遣ひの亡霊

(2018/08/11)

 ローマ字の最大の問題は長音の扱ひです。まづ、長音の定義が曖昧です。おそらく1937年訓令式*1の関係者は棒引き仮名遣ひ「おー」が念頭にあったと思はれます。その棒引き仮名遣ひは、仮名文字のレベルでは学校教育で1909年に否定されてゐます。
 そして、1946年に現代仮名遣ひで長音を「おう」とつづるといふ妥協策に決まり、それが定着したといふ状況です。だから、正式な「Ô(おー)」はともかく、「OO(おお)」と綴る代用表記はもはや受け入れられないでせう。それ以前にパスポートを受け付ける官庁側が何が長音であるのか本当に理解してゐるのか疑問です。「とおやま(遠山)」の「とお」は長音であり、「たかとお(高遠)」の「とお」は長音ではないといふ珍説*2も見つかりました。
 そして、正式な「Ô(おー)」ですが、文書作成の主流が鉛筆からキーボードに変はって30年以上経過してゐますが、入力環境は一向に整ひませんし、頑張って入力しても転送経路で文字化けになる可能性は依然として残ってゐます。ローマ字関係者が JIS キーボードに「Ô」を刻印するやうに依頼したとか、Shift-JIS で文字化けの危険性がない場所に符号化を依頼したとかあるのでせうか?残念ながら、JIS X 0213 の追加文字は、通常の Shift-JIS では使へません。
 とにかく、現実的に「Ô」は使へない、「OO」といふ代用表記も受け入れられない、公務員は長音の定義を理解してゐないといふ状況です。混乱を避けるには、現代仮名遣ひに従い「OU」とつづるのが確実です。これであれば、誰でも混乱なくつづれます。
 参考までに明示的に「オー」と長音表記する外来語は、訓令定義の代用表記に従ひ「OO」とつづります。