特集「英米ローマ字規格」: 修正ヘボン式

(2018/09/02)
特集「英米ローマ字規格」

 英米ローマ字規格をまとめてゐるページ*1がありましたので、いくつか紹介します。
 まづ、「Japanese Kana romanization」に修正ヘボン式のPDFがあります。ローマ字ページで抜粋した内容を紹介してゐます。

 訓令定義との比較は次の通りです。

  • 同じもの
    • 訓令第2表のうち「ch, f, j, sh, ts」で始まるつづりは、第2表のものを優先的に用ゐる。ほかは第一表と同じである。
    • 撥音「ん」をすべて「n」でつづるのは、訓令定義と同じである。
    • 撥音「n」が「a, i, u, e, o, y」の前に来る場合は「'」を挿入することは、訓令定義と同じである。
  • 異なるもの
    • 促音「っ」は直後の子音字を重ねる。ただし、「ch」の前では「t」を使用する点は、訓令定義とは異なる。
    • 長音は母音字の上にマクロン「 ̄」をつける点は、訓令定義「^」とは異なる。イ段音の長音は「ii」を重ねる。マクロンが使用できないときの代用表記には言及がない。
  • 言及のないもの
    • 特殊音は44個定義されてゐるが、訓令定義では独自の拡張が認められてゐる。
    • 大文字と小文字の区別は詳細について言及なし。

 その他は、助詞の「は」「へ」は「wa」「e」とつづるやうに記述があります。助詞の「を」は訓令第1表と同じ扱ひです。撥音「ん」から、「n」と「m」の使ひ分けをなくなしたのは、訓令定義に従ったものと思はれます。
 長音と非長音の違ひは、形態素といふ専門的な表現は使はずに、同じ母音が同一漢字で表現されるものを長音とし、異なる漢字で表現されるものを非長音と定義してゐます。非長音の場合、「o'o」のやうに「'」を挿入することにも言及してゐます。
 これは、外務省とその下部組織が説明するパスポートのつづり方よりも遥かに親切で、揺らぎがありません。「高遠(たか・とお)さん」の「とお」は長音ですし、「糸尾(いと・お)さん」の「とお」は非長音です。問題になるのは熟字訓で、「若生(わこう)さん」ですが、結局、現代仮名遣ひから独立した長音といふ概念を自体を義務教育で教へないのですから、見解が完全に一致するわけがありません。
 最近はパスポート受理の現場でも長音の扱ひはかなり緩くなったと聞きます。名字は家族の同一性を保障するもなので、「佐藤(さとう)さん」を「SATOH」や「SATOU」とつづるのはかなり慎重な判断を求められますが、名前の方は、個人だけの問題なので、「太郎(たろう)さん」の「ろう」を長音ではなく、「ろ・う」といふ単音の並びだと強引に主張すると、「TAROU」でも受理してもらへるさうです。まして、キラキラ名みたいに、漢字から読みを類推できないものは、長音と単音の区別も本人の申請に従ふしかありません。
 結局、長音といふ、義務教育で定義を正確に教へてゐないものをローマ字に組み込んだこと自体がボタンの掛け違ひなのです。
 未だに「おう」は「オ・ウ」ではないと言ひ張る人がゐますが、小学校一年生の音読で、「おはよう」を「オ・ハ・ヨ・ウ」と読んで、読み直しを命じるやうな先生はゐないでせう。平仮名で「おはよう」と書き、「オ・ハ・ヨ・ウ」と読んで通じるものを、わざわざ「オ・ハ・ヨ・オ」と読み換へさせて、児童を混乱させる先生はゐません。一方、「ぼくは」を「ボ・ク・ハ」と読んだら、確実に、「ボ・ク・ワ」と読むやうに、読み直しを命じられるでせう。それが現代仮名遣ひ教育70年の現実です。

特集「99式ローマ字」: ヘボン式派からの援軍

(2018/08/20)

 99式はヘボン式に対して何の言及もありません。日本式をベースに特殊音にも翻字にも対応したので、特にヘボン式に言及する必要もありません。かといって、ヘボン式(訓令第2表上5行)の定義が否定されるわけではありません。

  • 99式で言及のないもの: sha, shi, shu, sho, cha, chi, chu, cho, ja, ji, ju, jo
  • 99式と衝突するもの: tsu, fu

 「tsu」「fu」は、ヘボン式では「ツ」「フ」ですが、99式では「ツゥ」「フゥ」となってゐます。ただ、現実的に「ツゥ」「フゥ」が使はれることはないので、ヘボン式の定義を優先しても、実質上衝突はありません。Roomaji Bunko *1が、そのやうな理屈で、99式をヘボン式風にアレンジしてゐます。結果的に、ローマ字ブログ*2と同じ方式になってゐます。
 実のところ、99式の特殊音で、「ツァ行」と「ファ行」と「ヅァ行(翻字)」*3ヘボン式と同じ定義になってゐます。99式は2000年代の前半までは日本ローマ字会のホームページ*4で紹介されてゐましたが、残念ながら、2010年頃には既に詳細が確認できなくなってゐました。

月刊ローマ字ブログ 2018/10/01-2018/10/31

特集「99式ローマ字」: 日本式派からの批判

(2018/08/19)

 99式は単音では日本式互換でありながら、長音の概念を廃止して翻字で対応するといふ方式でしたが、この方式に最も批判的に反応したのが実は日本式派でした。
 前回の記事で、「99式ローマ字はローマ字を大きく変革しようとしたものでなく」の部分は認識が甘く、古参のローマ字派にとって「ô」を「ou」とつづることが「ローマ字運動の根幹を否定する」ことだったのです。
 そもそも戦前の表音化運動は、正仮名遣ひの「あう」「あふ」「えう」「えふ」「おう」「おふ」「おほ」「おを」を「おー」に統一するのが目標でした。(厳密にいふと「えう」「えふ」は「よー」となりますが、オ段長音といふ意味では目標は同じです。)それを仮名文字で実現したのが、俗に言ふ棒引き仮名遣ひの「ー」で、ローマ字で実現したのが「ô」です。ところが、先んじて教育現場に導入した棒引き仮名遣ひが大不評で、数年で撤回され、その反省から、現代仮名遣ひでは採用されず、「あう」「あふ」「えう」「えふ」「おう」「おふ」を「おう」にし、「おほ」「おを」を「おお」にする妥協策が確定し、70年以上経過しました。もはや仮名遣ひではこれ以上の表音化はありえないでせう。表音化運動にとって、現代仮名遣ひは不本意であり、残されたのがローマ字だけになったのです。
 それを99式では現代仮名遣ひに迎合して、「ô」を「ou」にしようと提案したわけですから、本能的に反発されるはずです。このあたりはお互ひの溝が埋まるとは思へないので、実践といふ場で、双方コンテンツを充実させていくしかないでせうね。
 次回はヘボン式派が99式をどう受け止めたか見てみます。

特集「99式ローマ字」: 定義の再記述

(2018/08/18)

 99式ローマ字*1は、ローマ字を大きく変革しようとしたものでなく、訓令定義から字上符を回避して、パソコン時代のローマ字情報交換を容易にして、ローマ字を普及させるための方式です。
 ところが、あまりにも細かく原理原則を例示しすぎたために、枝葉末節の部分で批判を受けて、不当な評価を受けてゐるやうな気がします。次の要点を押さへて、定義を再記述します。

  • 読者が知りたいのは、既存方式との差分です。したがって、訓令定義との比較から始めるべきです。
  • 表は視覚的に最も注目され、最も批判を受けやすい部分なので、無駄な情報は入れるべきではありません。特に、付録の表は、方式が複雑であるといふ印象を与へ、逆効果でした。一般読者が興味を持つのは、文科省の「外来語の表記」で提示された特殊音であり、それ以外の特殊音をわざわざ表で紹介する必要はありません。箇条書きでつづりの生成規則を紹介していれば、使ひたい人はその規則を熟読して使ふでせうし、そもそも「イィ」とか「スァ」とか実際に使はれるとは思へません。
  • 特殊音に架空の「ヅァ」行を持ち出して、表音式なら「zw」、翻字式なら「dz」などといふ記述は混乱に拍車を掛けます。そもそも「ヅァ」の存在自体が疑問ですし、存在しても読み方が確定しません。であれば、表音式は不要で、あへて定義するなら翻字式だけで十分です。
  • 翻字を前面に出したために、助詞の表記に統一性がないとの批判を受けてしまひました。99式の最大の目的が、パソコンで簡単に入力できない「ô」のやうな字上符の回避なので、その回避のために翻字を利用してゐるといふべきです。99式は完全翻字式ローマ字を目指したものではありません。

99式ローマ字の定義

 99式は訓令定義に基づき、パソコンでは入力が容易でない字上符を使用せずに、ローマ字で情報交換を行ふために設計された方式である。なほ、本稿は、片仮名で例示するが、平仮名にも同様の規則を適用する。

訓令第1表との関係

 訓令定義*2の第1表に含まれるつづりはそのまま使用する。括弧内は重出を示す。

ア列 イ列 ウ列 エ列 オ列
ア行 a i u e o
カ行 ka ki ku ke ko kya kyu kyo
サ行 sa si su se so sya syu syo
タ行 ta ti tu te to tya tyu tyo
ナ行 na ni nu ne no nya nyu nyo
ハ行 ha hi hu he ho hya hyu hyo
マ行 ma mi mu me mo mya myu myo
ヤ行 ya yu yo
ラ行 ra ri ru re ro rya ryu ryo
ワ行 wa (i) (e) (o)
ガ行 ga gi gu ge go gya gyu gyo
ザ行 za zi zu ze zo zya zyu zyo
ダ行 da (zi) (zu) de do (zya) (zyu) (zyo)
バ行 ba bi bu be bo bya byu byo
パ行 pa pi pu pe po pya pyu pyo

特殊音の定義

  • 前提として、既に訓令第1表に定義が存在してゐるつづりは、そちらを優先する。
    • 例「ya」は「イャ」でなく「ヤ」
  • 「イヴキギシジチヂテデニヒビピフミリ」に「ャィュェョ」が後続するときは、「y vy ky gy sy zy ty dy tj dj ny hy by py fy my ry」と「a i u e o」を組み合はせる。
    • ただし、「vyi, vye, fyi, fye」の組み合はせは定義から除外する。
  • 「ウヴクグスズツヅトドヌフブプホムル」に「ァィゥェォ」が後続するときは、「w v kw gw sw zw ts dz tw dw nw f bw pw hw mw rw」と「a i u e o」を組み合はせる。
    • ただし、「vu」は、「ヴゥ」でななく「ヴ」を示す。

 上記の規則から外来語の表記*3で提示されてゐる43個の特殊音は次のやうにつづる。

wi we wo ye
vu va vi ve vo vyu vyo
kwa kwi kwe kwo kye
gwa gwi gwe gwo
swi sye
zwi zye
tsa tsi tse tso tye
tji tju twu
dji dju dwu
nye
fa fi fe fo fyu fyo hye

撥音、促音、長音

  • 撥音には「n」を使用する。例「アン」→「an」、「アンマ」→「anma」
    • 「a,i,u,e,o,y,w」の前では「n'」を使用する。例「アンイ」→「an'i」
  • 促音は直後の英字を重ねる。例「アッタ」→「atta」
  • 長音には「â î û ê ô」のやうな字上符「^」は使用しない。
    • 仮名遣ひどほりに翻字する。例「オウ」→「ou」、「オオ」→「oo」
    • 長音符「ー」は直前の英字を重ねる。例「オー」→「oo」

翻字用の定義

ヂャ ヂュ ヂョ
di du dya dyu dyo
wi we wo
  • 「wi we wo」を「ヰヱヲ」と解釈するか「ウィウェウォ」と解釈するかは文脈に依存する。
  • 助詞「は」「へ」「を」は、通常「wa e o」とつづるが、厳密翻字では「ha he wo」とつづる。

訓令式ローマ字、訓令定義、訓令第1表、訓令第2表

(2018/09/22)

 いはゆる訓令式ローマ字とは、1937年に告示されたローマ字表*1であり、1954年に告示されたローマ字の第1表*2のことを指します。ところが、現在、訓令として有効なのは1954年版であり、1937年版は廃止されてゐます。だから、1937年版だけを訓令式ローマ字と言ひ張り、1954年版の第2表は訓令式ローマ字ではないといふのは用語として非常に誤解を招きます。
 例へば、常用漢字表には1981年版と2010年版があります。訓令として効力があるのは2010年版です。それを1981年版こそ常用漢字であり、2010年版に追加されたものは常用漢字外であると言ったら、奇妙に感じるでせう。その奇妙な言ひ回しがローマ字の世界では行はれてゐます。
 ローマ字に関心のない層にとっては、訓令式は「si ti tu hu zi」でヘボン式は「shi chi tsu fu ji」といふ区別を示すための用語でいいのですが、ローマ字に関心を持つ人が、1954年の訓令を読めば読むほど、訓令式ローマ字といふ用語を無条件に使ふのは躊躇するはずです。逆に、ローマ字に詳しいのに、無条件に訓令式ローマ字を連呼する人は、内心で1954年の訓令を否定してをり、第2表は訓令外であるかのやうに誘導してゐる印象を受けます。
 ただ、「訓令式ローマ字」といふ用語は動かしがたいので、これは塩漬けにして、今後は、次のやうに使ひ分けやうと思ってゐます。

  • 訓令定義: 1954年の訓令で定義されたもの全般
  • 訓令第1表: 1954年の訓令定義で第1表
  • 訓令第2表: 1954年の訓令定義で第2表
  • 訓令式ローマ字: 1937年の訓令定義、1954年の訓令第1表

Arigatou 安室奈美恵

(2018/09/22)

 先日9月16日に引退した安室奈美恵さんですが、「arigatou」といふ歌を歌ってゐいたんですね。引退時に初めて気づきました。
 さて、「arigatou」のつづりを見て、ローマ字界隈の人は、99式*1を思ひつくでせうが、さすがに、作詞家は99式を意識したわけでなく、単純にワープロ式もしくは翻字式でつづっただけだと思ひます。
 ところで、一昔前に「YOKOSO JAPAN」のキャンペーンがあったと思ひます。この「YOKOSO」はパスポート式です。「ヨ コ ソ」「ヨ コー ソ」「ヨ コ ソー」では文脈上不自然なので、「ヨー コ ソ」と読むのでせう。このことからも、本来表音文字であるローマ字なのに、読むのに逐一文脈依存の無駄な推理が必要になる時点でパスポート式は欠陥だらけといふ結論です。
 一方、「arigatou」ですが、訓令式では「arigatô」とつづりますが、作詞家としては、大切な曲名が字上符が使へない環境で「arigato」と転記されるのを本能的に嫌ったのでせう。それに「arigatou」は「ア リ ガ ト ウ」と読まれるためにつけた曲名で、「ア リ ガ ト」や「ア リ ガ トー」と読まれては駄目なのです。「ア リ ガ ト」はカジュアルな表現ですし、「ア リ ガ トー」は事務的な印象を受けます。「ア リ ガ ト ウ」と一文字づつ丁寧に発音してこそ伝はる感謝の気持ちを意味してゐるのでせう。
 仮名文字もローマ字も表音文字であることは同じです。仮名文字であれば区別できる微妙な発音差による表現を否定してまで、訓令式にある長音表記の原理原則に拘る必要があるのでせうか?後発規格が先発規格よりも表現力に劣ってゐては存在価値がありません。ワープロ式や翻字式から出発すれば、少なくとも仮名文字と同等の表現ができるはずで、その上で、工夫発展させていく方が前向きだと思ひます。