特殊音の二連小書き仮名

(2019/09/29)

 まづ、小書き仮名は正式には捨て仮名と言ひますが、捨て仮名の「捨て」からは不要といふ印象を受けてしまひます。ところが、捨て仮名は、これを省くと全く異なる音韻になりますので、不要どころか、不可欠な仮名です。このブログでは、各記事で初出のときは、「小書き仮名(捨て仮名)」と紹介しますが、二度目からは小書き仮名で統一してゐます。
 さて、外来語*1に使はれる特殊音にはヘボン式系のローマ字で「fye」や「tye」と書き表せるものがあります。日本語母語話者にとって、容易に聞き分けられ、容易に話し分けられるのですが、これらは、単一の小書き仮名で表記できません。例へば、「fye」を「フェ」と書くと、「fe」と区別が付かなくなりますし、「tye」を「テェ」と書くと、「テ」の長音と認識される恐れがあります。そのときに二連小書き仮名を使用して、「フィェ」や「ティェ」と書き表します。
 NQ式ローマ字*2にもローマ字で表現できるのに、単一の小書き仮名で表現できないものがあります。下記の表で該当部分を紹介します。

vya vyu vyo va vi ve vo
sha shu she sho swa swe swo si
ja ju je jo zwa zwe zwo zi
tya tyu tyo twa twi twe tu
dya dyu dyo dwa dwi dwe du
hya hyu hye hyo hwa hwi hwe hu
fya fyu fyo fa fi fe fo

 上記の表で、左側が開拗音系の拡張、中側が合拗音系の拡張、右側は特別定義です。空欄のうちのいくつかはローマ字を定義した場合、仮名側で小書き仮名を複数並べて表記する必要があります。

  • vye(ヴィェ), tye(ティェ), dye(ディェ), fye(フィェ)
  • swi(スゥィ), zwi(ズゥィ)
  • two(トゥォ), dwo(ドゥォ), hwo(ホゥォ)

 一方、二連小書き仮名は読み方が不明の場合は、小書き化記号の「`」を使って、翻字式で書き表すこともできます。

  • 例: ヴィェ → vu`i`e → vùìe (= vye)

 参考までにローマ字ブログ『ヱピモセズ』の音節表も参照してください。

漢字のルビ表示からポップアップへ

(2019/09/14)

 「ヱピモセズ・ブログ*1」で法律の条文をローマ字で書写する*2試みを続けてゐます。法律の条文は漢字熟語が多用されてゐて同音異義語が多いので、混乱をさけるため、音読みの漢字熟語をローマ字書きするときに漢字のルビを振る*3といふ試みも始めました。
 日本国憲法もローマ字漢字ルビ文が完成してゐます*4。ただ、やはり見た目が煩雑といふ印象を受けます。漢字ルビ文をやめるには、漢字熟語の少ない大和言葉で書かれた文章が欲しいのですが、著作権の懸念がゼロになるやうなものはないやうです。著作権の切れた明治文学や学校唱歌の歌詞なども検討してみましたが、それらを善意で収集公開してゐるサイトから抜粋するのも気が引けますし、それらの全てが著作権フリーの確認が取れてゐるのかも分かりません。抜粋したものが実は著作権の保護期間中だったといふリスクもあるわけです。
 となると、法律を書写するのが一番安全なわけで、漢字ルビではなく、SPANタグにタイトル属性を付けて、ポップアップ表示をする試みを10月以降始めてみます。
 例へば、下記のやうな表示になります。ローマ字単語にマウスカーソルを乗せると漢字がポップアップします。

  • 漢字ルビ
    • Nippon-Kokumin日本国民 wa, Seitou正当 ni Senkyo選挙 sareta ...
  • 漢字ポップアップ
    • Nippon-Kokumin wa, Seitou ni Senkyo sareta ...

月刊ローマ字ブログ 2019/09/01-2019/09/30

特集「ワープロ式ローマ字」: 打鍵数の比較

(2019/09/15)

 ワープロ日本式*1ワープロヘボン式*2では同じ仮名文字を表すのに異なる入力方法があります。入力するときはどうしても打鍵数が少ないもの、打鍵数が同じであれば、指をなるべく動かさないものを選びます。
 下記の表では○がついてゐるものが入力しやすいものです。△は入力はしやすいですが、訓令定義や JIS X 4063 にはないので、新規にIMEに登録する必要があるものです。

  • 打鍵数が違ふもの
ジャ ジュ ジョ
ワープロ日本式 si ○ zya zyu zyo ti ○ di ○ tu ○ du ○
ワープロヘボン式 shi ja ○ ju ○ jo ○ chi dji tsu dzu
  • 打鍵数が同じで、指の動きが違ふもの
シャ シュ ショ チャ チュ チョ
ワープロ日本式 sya syu syo zi tya tyu tyo
ワープロヘボン式 sha ○ sha ○ sha ○ ji ○ cha ○ chu ○ cho ○
ヂャ ヂュ ヂョ
ワープロ日本式 dya dyu dyo hu
ワープロヘボン式 dja △ dju △ djo △ fu ○
  • 打鍵数が違ふもの
ジェ ファ フィ フェ フォ フャ フュ フョ
ワープロ日本式 zye hwa hwi hwe hwo hwya hwyu hwyo
ワープロヘボン式 je ○ fa ○ fi ○ fw ○ fo ○ fya ○ fyu ○ fyo ○
  • 打鍵数が同じで、指の動きが違ふもの
シェ チェ ツァ ツィ ツェ ツォ
ワープロ日本式 sye tye twa twi twe two
ワープロヘボン式 she ○ che ○ tsa ○ tsi ○ tse ○ tso ○