ローマ字

月刊ローマ字ブログ 2019/06/01-2019/06/30

20190602: 日本国憲法: 第5章(71-75) → Nippon-koku Kenpou: Dai 5-shou (71-75) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190609: 日本国憲法: 第6章(76-80) → Nippon-koku Kenpou: Dai 6-shou (76-80) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190616: 日本国憲法: 第6章(81-82) …

月刊ローマ字ブログ 2019/05/01-2019/05/31

20190505: 日本国憲法: 第4章(51-55) → Nippon-koku Kenpou: Dai 4-shou (51-55) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190512: 日本国憲法: 第4章(56-60) → Nippon-koku Kenpou: Dai 4-shou (56-60) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190519: 日本国憲法: 第4章(61-64) …

月刊ローマ字ブログ 2019/04/01-2019/04/30

20190407: 日本国憲法: 第3章(31-35) → Nippon-koku Kenpou: Dai 3-shou (31-35) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190414: 日本国憲法: 第3章(36-40) → Nippon-koku Kenpou: Dai 3-shou (36-40) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190421: 日本国憲法: 第3章(41-45) …

SHACHOU号とワープロヘボン式

(2019/04/13) 世間では、ゴーン氏と日産との資金の移動に注目が集まってゐますが、このブログで取り上げるとすれば、「SHACHOU号」のつづりでせう。日本語の「社長」をローマ字にしてクルーザーの名前につけたと思はれますが、訓令第一表(謂はゆる訓令式)で…

令和とローマ字「REIWA」

令和のローマ字頭文字が「R」か「L」かの議論が出てゐますが、さすがにローマ字界隈で「L」を主張する人はゐません。もっとも、1954年訓令では「L」が議論*1に上がってゐたのは確かです。この時に、「la, li, lu, le, lo, ci, cu, cya, cyu, cyo」が…

特集「訓令議事録」: 幻のローマ字記号「キャロン」

(2019/03/21) 特集「訓令議事録」 『Ro-mazi Bunko*1』の『第3次主査委員会報告*2』に「ši, ťi, ťu, ťya, ťyu, ťyo」といふ表記が出てきます。イメージスキャナーで読み取った画像のため、文字が潰れてゐるのですが、ど…

月刊ローマ字ブログ 2019/03/01-2019/03/31

20190303: 日本国憲法: 第2章(9) → Nippon-koku Kenpou: Dai 2-shou (9) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190310: 日本国憲法: 第3章(10-15) → Nippon-koku Kenpou: Dai 3-shou (10-15) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190317: 日本国憲法: 第3章(16-20) → Nippon…

「ティ」は「ti」か「tei`」か

(2019/03/21) いはゆる訓令式(訓令第一表)では、「ti」は「チ」と読むことになってゐます。ただ、「ti」を「ティ」と読むことを禁じてはをらず、文脈に応じて読み分けることになります。一方、ヘボン式では、訓令第二表の「chi」を「チ」のつづりとして定…

「ヌァ」は「nwa」か「nua`」か

(2019/03/04) 「ヌァ」といふ特殊音を「nwa」と定義してしまふと、訓令定義と矛盾する読みがでてきます。例へば、「緩和」ですが、訓令定義では「kanwa」とつづります。訓令定義には「nwa」を「ヌァ」と読むことが想定されてゐないので、「kan'wa」のやうに…

「ローマ」は「Rohma」か「Rooma」か

(2019/03/03) 「ローマ」は『NQH式ローマ字*1』では「Rohma」で、『ヱピモセズ・ブログ*2』では「Rooma」にしてゐます。翻字を優先すれば、「大戸」は「ooto」、「王都」は「outo」、「オート」は「ohto」となります。「ohto」のやうに、「h」の後ろに、「h…

「アッー」は確かに音声上も「aqh」かも知れない

(2019/03/03) ネットスラングで「アッー」といふ擬音語があります。しかし、促音の長音といふのはどう読むか見当もつきません。先日、発表した『NQ式ローマ字*1』では、翻字により「aqh」とつづることが出来ます。 ローマ字では以前から単独の撥音「ン」、促…

特集「ローマ字の分かち書き」: NQ式ローマ字

(2019/02/09) 特集「ローマ字の分かち書き」 分かち書きの実践の前に、この特集で使用するローマ字を説明します。便宜的にNQ式ローマ字と呼ぶことにします。『ヱピモセズ・ブログ*1』で実践してゐるものです。訓令定義*2との対比で説明します。 訓令定義内 …

月刊ローマ字ブログ 2019/02/01-2019/02/28

20190203: 漢字のルビを振る → Kanji no Ruby wo furu - Roomaji Blog Wepimosezu 20190210: 日本国憲法: 前文 → Nippon-koku Kenpou: Zenbun - Roomaji Blog Wepimosezu 20190217: 日本国憲法: 第1章(1-5) → Nippon-koku Kenpou: Dai 1-shou (1-5) - Roomaj…

特集「ローマ字の分かち書き」: 導入

(2019/02/09) 特集「ローマ字の分かち書き」 「分かち書きの理論」を始めようと思ひましたが、誰にでも分かるやうに簡潔な理論にすることは難しいやうです。私自身は、文法事項に基いて、一貫した分かち書きを行ってゐますが、文節、自立語、付属語などの概…

漢字のルビを振る

(2019/01/27) ローマ字ブログ*1を開設して、一年以上経過しました。週二回のペースで定期的に更新してゐます。 相変はらず、アクセス数が伸びない状況です。個人的にも純粋なローマ字文は書いた直後は意味がわかっても、しばらく時間が経過したら、読み直し…

訓令式の「TI」は「ティ」と読んでもよい

(2018/11/21) 言はゆる訓令式、訓令第一表ですが、「TI」「TU」は「ティ」「トゥ」と読むことができます。例へば、「TIIMU」といふつづりがある場合、訓令第一表では「チーム」と読まうが「ティーム」と読まうがどちらでもかまひません。同様に、「TUURU」も…

月刊ローマ字ブログ 2019/01/01-2019/01/31

20190102: 訓読みの一覧: 「E」で始まる読み → Kunqyomi no Ichiran: "E" de hajimaru yomi - Roomaji Blog Wepimosezu 20190106: 皇室典範: 第5章(36-37) → Koushitsu Tenpan: Dai 5-shou (36-37) - Roomaji Blog Wepimosezu 20190109: 訓読みの一覧: 「F」…

月刊ローマ字ブログ 2018/12/01-2018/12/31

20181202: 皇室典範: 第2章(11-15) → Koushitsu Tenpan: Dai 2-shou (11-15) - Roomaji Blog Wepimosezu 20181205: 訓読みの一覧: 「A」で始まる読み → Kunqyomi no Ichiran: "A" de hajimaru yomi - Roomaji Blog Wepimosezu 20181209: 皇室典範: 第3章(16-…

特集「ローマ字入力」: 導入

(2018/11/19) 特集「ローマ字入力」 純ローマ字ブログ*1を始めてから1年経ちました。途中、検索支援用に seesaa にもブログ*2を立ち上げ、もちろん、このブログからもリンクを張って紹介してゐますが、純ローマ字ブログのアクセス数は絶望的に上がりません…

パスポートは仮名文字の翻字に向かふのか?

(2018/09/08) まづ、このブログでは、パスポートで長音を省略することを批判してゐますが、それでも、非ヘボン式申請はリスクが伴ひますので、私自身は推奨しません。ただ、長音こそパスポート式ローマ字への最大の不満点であるのは確かです。 非ヘボン式の…

月刊ローマ字ブログ 2018/11/01-2018/11/30

20181104: 日本国憲法: 第10章(97-99) → Nipponkoku Kenpou: Dai 10-shou (97-99) - Roomaji Blog Wepimosezu 20181107: 「OU」で終わる動詞 → "OU" de owaru Doushi - Roomaji Blog Wepimosezu 20181111: 日本国憲法: 第11章(100-103) → Nipponkoku Kenpou:…

特集「英米ローマ字規格」: 修正ヘボン式

(2018/09/02) 特集「英米ローマ字規格」 英米ローマ字規格をまとめてゐるページ*1がありましたので、いくつか紹介します。 まづ、「Japanese Kana romanization」に修正ヘボン式のPDFがあります。ローマ字ページで抜粋した内容を紹介してゐます。 修正ヘボン…

月刊ローマ字ブログ 2018/10/01-2018/10/31

20181003: 複合語として扱ふ付属語 → Fukugou-go to shite atsukau Fuzoku-go - Roomaji Blog Wepimosezu 20181007: 日本国憲法: 第7章(83-85) → Nipponkoku Kenpou: Dai 7-shou (83-85) - Roomaji Blog Wepimosezu 20181010: 修正ヘボン式ローマ字 → Shuuse…

特集「99式ローマ字」: 定義の再記述

(2018/08/18) 特集「99式ローマ字」 99式ローマ字*1は、ローマ字を大きく変革しようとしたものでなく、訓令定義から字上符を回避して、パソコン時代のローマ字情報交換を容易にして、ローマ字を普及させるための方式です。 ところが、あまりにも細かく原理原…

訓令式ローマ字、訓令定義、訓令第1表、訓令第2表

(2018/09/22) いはゆる訓令式ローマ字とは、1937年に告示されたローマ字表*1であり、1954年に告示されたローマ字の第1表*2のことを指します。ところが、現在、訓令として有効なのは1954年版であり、1937年版は廃止されてゐます。だから、1937年版だけを訓令…

Arigatou 安室奈美恵

(2018/09/22) 先日9月16日に引退した安室奈美恵さんですが、「arigatou」といふ歌を歌ってゐいたんですね。引退時に初めて気づきました。 さて、「arigatou」のつづりを見て、ローマ字界隈の人は、99式*1を思ひつくでせうが、さすがに、作詞家は99式…

月刊ローマ字ブログ 2018/09/01-2018/09/30

20180902: 日本国憲法: 第4章(61-64) → Nipponkoku Kenpou: Dai 4-shou (61-64) - Roomaji Blog Wepimosezu 20180905: 1937年 訓令定義のローマ字 → 1937-nen Kunrei-Teigi no Roomaji - Roomaji Blog Wepimosezu 20180909: 日本国憲法: 第5章(65-70) → Nipp…

ローマ字と付属語「を」

(2018/08/18) 本家ローマ字ブログでは、付属語「を」のつづり*1として訓令第2表の「wo」を採用してゐます。 実のところ、付属語「は」「へ」「を」と仮名文字「ぢ」「づ」を全て翻字したい気もしますが、「ぢ」「づ」については、前回書いたやうに、訓令第…

ローマ字で四つ仮名を書き分けるべきか

(2018/08/12) 日本式では、四つ仮名を「zi,zu,di,du」で使ひ分けられます。念のため、日本式ローマ字といふ訓令があるわけでなく、訓令定義の部分集合として、日本式を導き出すことができます。これはヘボン式も同様で、訓令定義の部分集合として導き出せま…

ローマ字と棒引き仮名遣ひの亡霊

(2018/08/11) ローマ字の最大の問題は長音の扱ひです。まづ、長音の定義が曖昧です。おそらく1937年訓令式*1の関係者は棒引き仮名遣ひ「おー」が念頭にあったと思はれます。その棒引き仮名遣ひは、仮名文字のレベルでは学校教育で1909年に否定されて…