魔方陣 - 汎用的な複偶数次魔方陣の作り方

 今回は偶数魔方陣で正方形一辺の升数が4の倍数であるものを紹介する。模範例として8×8の魔方陣(8次魔方陣)が適切であらう。以下の図のやうに色分けを行ふ。

__ __ __ __ __ __ __ __
__ __ __ __ __ __ __ __
__ __ __ __ __ __ __ __
__ __ __ __ __ __ __ __
__ __ __ __ __ __ __ __
__ __ __ __ __ __ __ __
__ __ __ __ __ __ __ __
__ __ __ __ __ __ __ __
  • (1)まづ黒色の部分を左上隅から右方向と下方向に1から順番に数値を書き込む、白色の部分も数へるが空白のままにしておく。
_1 __ __ _4 _5 __ __ _8
__ 10 11 __ __ 14 15 __
__ 18 19 __ __ 22 23 __
25 __ __ 28 29 __ __ 32
33 __ __ 36 37 __ __ 40
__ 42 43 __ __ 46 47 __
__ 50 51 __ __ 54 55 __
57 __ __ 60 61 __ __ 64
  • (2)最後まで書き込んだら、次は右下隅から左方向と上方向に2から順番に空白の部分を埋めていく。
_1 63 62 _4 _5 59 58 _8
56 10 11 53 52 14 15 49
48 18 19 45 44 22 23 41
25 39 38 28 29 35 34 32
33 31 30 36 37 27 26 40
24 42 43 21 20 46 47 17
16 50 51 13 12 54 55 _9
57 _7 _6 60 61 _3 _2 64