カナモジカイ

 実は、個人用のはてなアンテナカナモジカイも登録してゐる。本日更新があったやうだ。

 もはや、カナモジカイは、正字正仮名遣ひ派以下の影響力しかないので、カナモジカイのウェブページは人畜無害の楽しい読み物の一つになってゐる。正字正仮名遣ひのウェブページは立派に存在するし、青空文庫の活動などもあり、正字正仮名遣ひの電子テキストはどんどん増加してゐる。一方、仮名文字だけで書かれたテキストは、子供用の絵本を除けば、全く増えることはない。少なくとも大人を対象にした文章で、まともな内容を持つ総仮名文字で書かれた出版物やウェブページは皆無だらう。

  〔戦後の〕第三の改革が、いわゆる「国語表記法の改革」である。・・・・・・  都市から農村にいたるまで、老いも若きも新聞や雑誌を読めるようになり、 日記や手紙を書けるようになったのは、国語表記法の改革があったおかげ ではないか。・・・・・・

 その意味では、インターネットといふ第四の改革が、略字や漢字制限を否定したことは大いなる皮肉である。今や老いも若きも漢字制限を無視して、携帯電話でメールを送受信してゐる。IMEでも表外漢字の略字は変換候補で順位を下げられ、誤字と同等の扱ひである。

広告を非表示にする