さーいへば

 こちらで問題視されてゐたやうだが、「さーいへば」といふ表現は、言葉の歴史を知ってゐれば別に乱れた表現ではない。元々「さう」は「サウ」と発音されたゐたのだが、口を動かすのが面倒なのか、開口音といふ「ア」と「オ」の中間の母音を持った長音になった。しばらくの間「さう」と「そう」は区別して発音されたゐたが、そのうち標準語では区別しなくても通じると判断したのか、「さう」も「そう」も「ソー」となり発音が同じになった。しかし、一部の方言では依然として開口音は使はれ続けたゐた。「ア」と「オ」の中間の母音を持った長音なのだがら、「さう」が「サー」となっても招かしくなく、実際、そのやうな発音をする方言もあった。だから、「さー」は歴史ある表現方法の一つに過ぎない。どうも、正仮名遣ひを曲解してゐる人は、教科書の知識を超えて、古典や方言に興味がないらしく、説教を垂れてゐる割りには、言語学的には退屈な記事しか書けない。

広告を非表示にする