当確誤報

 各放送局とも当確誤報を出しまくったらしいが、比例復活といふ救済処置があるので悲劇には至ってないやうだ。
以前のやうに中選挙区制では当確を出したあと、その候補者が落選してしまったら、そのぬか喜びと落胆振りは悲喜劇を生んだものだが、最近は、小選挙区比例代表制なので、小選挙区で当確を出したあと、その候補者が落選しても、比例復活の場合がほとんどなので、といふよりそれも見越した上で当確を早めに打つものだから、当確誤報が増えてゐる。悲劇はないが、喜劇は増えた。
 私は、この見込み当確も含めて、開票率ゼロ%での当確など、マスコミの演出が醜すぎるので、最近は開票速報をテレビでは見ない。ネットで数字を追っかけるだけにしてゐる。マスコミによる印象付けや演出など不要だ。必要なのは最終結果だけだ。
 また、少なくとも一票の重みを知ってゐる候補者なら、開票速報を見守り、次点の候補に未開票分が全て入っても逆転不可能だと判明した時点で、万歳をすべきだらう。