若者に夢がなければ車は売れない

 対照的なニュースが並んだ。皮肉にもトヨタ最後の晴れ舞台は、トヨタチームが頑なに乗せなかった日本人ドライバーで成し遂げられた。確かに、小林選手にとって目の前の道は閉ざされたが、まだまだチャンスは来るだらう。ネットではトヨタの無責任な撤退について批判もあるが、トヨタだって営利企業なのだから、投資効果のない活動から撤退することを一方的に責めることはできない。そして、2010年にはブリジストンの撤退も決まってゐる。本当に苦しいのはFIA(F1の胴元)の方かも知れない。タイヤメーカーが撤退したら、華麗なフォーミュラ・カーも靴なしでは走ることができない。FIAは余りにも銭勘定に固執して本来の「夢を与へる車」の意義を失ったのではないか?これは、トヨタにも同様のことが言へる。利益重視で、若者をネジのやうに酷使し捨てていく。これでは若者が夢を持てない。レース最高峰の舞台で夢を捨てたトヨタ車を若者は買ふのであらうか?