インタゲのタイミング

 きのふの日記でインタゲGJと書いたが、日本がなぜこれだけ長期間もデフレに悩まされてゐるかといふと、政策的に金融機関を守ってゐることが大きい。バブル崩壊直後、金融機関は破綻寸前だった。金融機関の持ってゐる債権(貸出金)を守らなければ、海外のハゲタカに狙はれてしまふ。だから、低金利にして、お金を価値を維持しつづけた。ところが、これだと、いつまで経っても、債務者の返済が楽にならない。利子以上に経済や物価が増加率を持たなければ、マクロで見れば借金が返せないのは明らかなのに、その状態にならない。マクロで借金が返せないので、投資も消費も伸びない。これが日本の長期低迷に繋がってゐる。
 ところで、この時期にインタゲを言ひ出したのは海外の金融機関がボロボロになったからでは?今なら、債権がインフレによって減耗してもハゲタカが攻めてこれない。もしかして、財務省はこのタイミングを狙ってゐたのでは?