最終情報戦争

 JNNでは、政府の原子力災害対策本部に対し、官邸が海水注入の中止を指示した理由などについて文書で質問しましたが、対策本部の広報担当者は「中止の指示について確認ができず、わからない」と口頭で回答を寄せています。

 今になってこんな情報を漏れてくるなんて、本当に原子力利権はヤクザだね。どうしても東電を守りたいやうだ。確かに金融機関も東電破綻で大きな不良債権を抱へ込むことになるからだ。だからこそ、菅政権のうちに東電を破綻させるべきで、膿を出し切った方がいい。この情報の信憑性については分からない。ただ、「原子炉は飛行機が落ちても大丈夫」と言ひ続けた嘘つきどもの肩を持つ気はない。人間は自分が管理できないものに手を出してはいけない。菅総理は続投して原子力利権を潰すべきである。