消費税増税

 不思議だな。世間は政界再編とか煩いけど、もう終はったことだよ。マスコミも政治家も年寄りが自分の存在を忘れてもらひたくないから騒いでゐるだけ。私は、安倍元総理がマスコミとアメリカの偽従軍慰安婦決議のタッグにより参院選で大敗したときに政権交代は覚悟してゐたし、団塊世代内閣であるボンボン鳩山が一番日本の危機だと思ってゐた。同じく団塊世代の菅が総理になったけど、朝鮮儀軌の醜さを除けば、可もなく不可もなくと言ったところか。それは、彼が庶民の出だからだらう。
 結局、日本をダメにしてゐたのは、団塊以上の世代と世襲議員だったわけで、その2項目だけなら、安倍元総理は50点、菅前総理は50点、野田現総理は100点、あとは0点と言ったところだ。団塊以前と世襲議員の価値観に比べると、ポスト団塊世代の庶民の価値観は、保守とか革新とか右派とか左派とか大同小異なんだよね。戦争責任問題についても、70年以上前の贖罪意識でしかアジアを見れない団塊以上の世代は保守でも右でも害悪でしかなかった。
 だから、菅前総理と野田総理は一定以上の評価はしてゐる。菅前総理の原発事故対応も評価するし、野田総理の消費税増税も評価する。何が問題なんだらうか?未来の日本を考えてゐるのはこの二人だ。死に逝く世代は無責任なものだ。