特集「ローマ字の分かち書き」: 漢字一文字によるサ変複合動詞

(2019/02/09)

  • 分かち書き
    • (1) 原則として、辞書の見出し語は分かち書きの独立した単位とする
    • (2) ただし、接頭辞、接尾辞は分かち書きしない
    • (3) 活用語の見出し語以外の形に接続する助動詞、助詞は分離しない
  • ハイフン
    • (1) 三文字以上の漢字熟語は、結びつきの弱い箇所にハイフンを入れ、再帰的に二文字以下の読みにする。
    • (2) 接頭辞、接尾辞はハイフンで分離する。
    • (3) 助動詞「ます」は主観的表現にも関はらずつづりが長くなるのでハイフンを前置する

実の熟する時分は起き抜けに背戸を出て落ちた奴を拾ってきて、学校で食う。

 まづ、辞書引きのために単語に分割します。

実/の/熟する/時分/は/起き抜け/に/背戸/を/出/て/落ち/た/奴/を/拾っ/て/き/て/、学校/で/食う/。

 「熟する」のように、サ変複合動詞で漢字一文字に「する」が付く形は、辞書の見出し語にあります。その場合、一語として扱いますが、「する」という不規則活用を際立たせるために、ハイフンで区切り「熟-する」とします。
 接続助詞「て」と助動詞「た」は分かち書きしません。

実/の/熟-する/時分/は/起き抜け/に/背戸/を/出て/落ちた/奴/を/拾って/きて/、学校/で/食う/。

 ローマ字文では次のやうになります。

  • Mi no juku-suru Jibun wa okinuke ni sedo wo dete ochita yatsu wo hirotte kite, Gakkou de kuu.