特集「ワープロ式ローマ字」: 撥音

(2019/05/02)

 JIS X 4063 には、撥音用に「n, n', nn」が定められゐます。この中で訓令定義に含まれるのは「n, n'」で、「nn」は、訓令定義に含まれず、矛盾するつづりになります。例へば、「zennin」ですが、訓令定義では「ゼンニン」と読むのに比べて、JIS X 4063 では「ゼンイン」となってしまひます。
 したがって、可視化を目指すワープロ式ローマ字では「nn」は使ひません。「n, n'」だけです。また、JIS X 4063 で選択実装扱いになってゐる「m」の撥音表記ですが、英国の修正ヘボン式規格*1でも、撥音を「n」に統一してゐるので、ワープロ式ローマ字でも「n」に統一するのが主流です。
 「n'」の「'」を避けたい場合は、代はりに「q」を使用して、「nq」とします。例へば、「ゼンイン」は「zenqin」となります。