『桶狭間の真実』

移転しました。

 桶狹間の合戰において、兩軍の兵力差は思ったより少なく、その前提をもとに通説よりも踏み込んだ解説をする。確かに奇襲などといふ博打に頼ってゐるやうでは、戰の神樣とは言へない。著者によると、通説が奇襲になったのは、信長が戰果を誇張して天下統一のため情報戰に使ったことと、明治政府が桶狹間を奇襲の手本にしてしまって修正できなかったといふ理由が擧げられる。本當なら、前者は仕方ないとして、後者は日本の組織にありがちな問題のある姿勢だ。