特集「ワープロ式ローマ字」: 促音

移転しました。

(2019/05/02)

 訓令定義も JIS X 4063 も促音は直後の子音字を重ねることで表します。ところが、感嘆語や擬態語で語末に促音が来る場合があります。その場合「xtu」では不自然なので、「q」を使います。逆に「q」を単独の促音と見なせば、語末にこだはらず、語中でも「q」を使ふ方が便利です。その方が、同じ意味の言葉が同じつづりになります。下の例では、「ik is it ip」とつづる部分が「iq」に統一できます。

イッカイ 一回 ikkai iqkai
イッサイ 一切 issai iqsai
イッタイ 一体 ittai iqtai
イッパイ 一杯 ippai iqpai

 なほ、「イッチ」の場合、ワープロ日本式では「itti」「iqti」、ワープロヘボン式では「icchi」「iqchi」ですが、慣例上「itchi」のやうに「tc」の「t」の部分を促音と見なすこともできます。