特集「(旧)ローマ字の分かち書き」: 助動詞「ぬ」

移転しました。

(2019/02/09)

  • 分かち書き
    • (1) 原則として、辞書の見出し語は分かち書きの独立した単位とする
    • (2) ただし、接頭辞、接尾辞は分かち書きしない
    • (3) 活用語の見出し語以外の形に接続する助動詞、助詞は分離しない
  • ハイフン
    • (1) 三文字以上の漢字熟語は、結びつきの弱い箇所にハイフンを入れ、再帰的に二文字以下の読みにする。
    • (2) 接頭辞、接尾辞はハイフンで分離する。
    • (3) 助動詞「ます」は主観的表現にも関はらずつづりが長くなるのでハイフンを前置する

なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。

 まづ、辞書引きのために単語に分割します。

なぜ/そんな/無闇/を/し/た/と/聞く/人/が/ある/か/も/知れ/ぬ/。

 「知れ/ぬ」の「知れ」は、可能動詞「知れる」の未然形です。助動詞「ぬ」は名詞に接続しません。したがって、「知れぬ」は分かち書きしません。「し/た」も、動詞連用形と助動詞の組み合はせなので、分かち書きしません。「か/も」は「かも」といふ独立した助詞ですが、語源的に「か」「も」と容易に分解できるので分かち書きの対象にします。

なぜ/そんな/無闇/を/した/と/聞く/人/が/ある/か/も/知れぬ/。

 ローマ字文では次のやうになります。

  • Naze sonna Muyami wo shita to kiku hito ga aru ka mo shirenu.