特集「訓令議事録」: ラ行の扱ひ

移転しました。

(2019/12/15)

  • 田口委員提案
    • ラ行を la li lu le lo と書き表わすこと。

 日本語のラ行は[R]と[L]でどちらがふさはしいのか良く議論になります。キリシタンのローマ字表記*1でもヘボン博士の和英語林*2でもラ行に[R]を使ってゐることから、日本語母国語話者でない人にはラ行は[R]のやうに聞こえるでせう。
 もちろん、ラ行は[L]であると決めて使ふことは問題ありません。ただ、表記といふのは大きな慣性があって、一度[R]と決めて、多くの人が問題意識を持たないのに、一部の意見だけで[L]に変へるのは難しいです。逆に、[TI]と[CHI」の対立、[Ô]と[OU]の対立は、前者が原則であるにも係はらず、後者が使はれるといふことは、多くの人が前者に疑問を持ってゐることになります。
 参考までに日本語憲法前文の最初の一文を[R]でつづったものと、[L]でつづったものを掲げます。それ以外の部分は訓令第一表*3の定義でつづってゐます。

[R]を使用

Nihon-kokumin wa, seitô ni senkyo sareta kokkai ni okeru daihyôsya o tû-zite kôdô si, warera to warera no sison no tame ni, syokokumin to no kyôwa ni yoru seika to waga kuni zendo ni watatte ziyû no motarasu keitaku o kakuho si, seihu no kôi ni yotte hutatabi sensô no sanka ga okoru koto no nai yô ni suru koto o ketui si, koko ni syuken ga kokumin ni son-suru koto o sengen si, kono kenpô o kakutei suru.

[L]を使用

Nihon-kokumin wa, seitô ni senkyo saleta kokkai ni okelu daihyôsya o tû-zite kôdô si, walela to walela no sison no tame ni, syokokumin to no kyôwa ni yolu seika to waga kuni zendo ni watatte ziyû no motalasu keitaku o kakuho si, seihu no kôi ni yotte hutatabi sensô no sanka ga okolu koto no nai yô ni sulu koto o ketui si, koko ni syuken ga kokumin ni son-sulu koto o sengen si, kono kenpô o kakutei sulu.